読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメニッキ

カメとインコと釣りの人です

VB6.0で正規表現を使う

以下の手順にてVB6の正規表現が利用できます。
今回は処理対象の文字列とパターンを渡し、マッチするか判定する方法を紹介します。


1.Visual Studioの[プロジェクト(P)]->[参照設定]で「Microsoft VBScript Regular Expressions 5.5」を選択し、OKをクリックする。
2.以下のようなfunctionを用意する。

'正規表現でマッチ判定
Function TestRegExp(myPattern As String, myString As String) As Boolean
 Dim objRegExp As RegExp
 Dim objMatch As Match
 Dim colMatches As MatchCollection
 Dim RetStr As String

 Set objRegExp = New RegExp
 objRegExp.Pattern = myPattern
 objRegExp.IgnoreCase = True
 objRegExp.Global = True

 TestRegExp = objRegExp.Test(myString)
End Function

3.早速使う。
第一引数が正規表現パターン、第二引数が対象文字列です。
戻り値はbooleanです。マッチした場合「True」しない場合は「False」を返します。

広告を非表示にする