読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメニッキ

カメとインコと釣りの人です

Windowsでログイン・ログオフの記録をする方法

フリーソフトでいくつかあるみたいですが、今回は自作のWSHを使用してログイン・ログオフの記録を取ります。

①まずは記録処理を実行するスクリプトファイルを作成します。
以下の2ファイルを任意の管理しやすい場所へ保存してください。

login.vbs

Set objFso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFso.OpenTextFile("ログイン・ログオフの記録をしておきたいファイルへのフルパス", 8, True)

objFile.WriteLine "ログイン時間:" & now

objFile.Close
Set objFile = Nothing
Set objFso = Nothing

logoff.vbs

Set objFso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFso.OpenTextFile("ログイン・ログオフの記録をしておきたいファイルへのフルパス", 8, True)

objFile.WriteLine "ログオフ時間:" & now

objFile.Close
Set objFile = Nothing
Set objFso = Nothing

※ファイルを開いて時間を書き込むだけのスクリプトです。

②準備は出来たので、実際のWindowsログイン・ログオフ時に①で作成したスクリプトが実行されるように登録していきます。
③[Win] + R でファイル名を指定して実行を表示し、「gpedit.msc」と入力後エンターキーを押します。
④ローカルグループポリシーエディターが表示されるので、左側のメニューよりスクリプト(ログオン/ログオフ)をクリックします。

⑤ログオンを右クリックし、プロパティを表示させます。

⑥追加をクリックし、①で作成したスクリプトを登録します。「スクリプトのパラメータ」は特に編集不要です。
⑦ログオンも同様に。

以上になります。
試しにログオフ→ログインをし、指定したファイルへ書きこまれていることを確認したら完了です。