読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメニッキ

カメとインコと釣りの人です

Kickstartを調べてみた

小ネタと独り言

Kickstart

Kickstartとは?

OSを自動インストールすための仕組み。 単一のサーバ上で管理されたKickstartファイルを、OSのインストールを行う各コンピュータ上で読み込み、その内容に従ってインストール時に手動で行っていた作業(パーティション設定やインストールパッケージの選択など)を自動でおこなう。

なお、Kickstartの実行結果は/tmp配下に出力されているので、失敗した時にはここを見る。

設定項目

以下を参照

32.4. キックスタートのオプション

サンプル

# システムに認証オプションを設定
# 以下はMD5でシャドウパスワードを使用(default)
auth  --useshadow  --enablemd5

# ブートローダのインストール方法を指定
# 以下はMBRに書き込む
bootloader --location=mbr

# 新しいパーティションを作成する際に、システムからパーティションを削除
# 以下はすべてのパーティションを削除する
# が、「--initlabel」オプションは現在廃止されているらしく、「zerombr」に置き換わった。
★こっちはNG
clearpart --all --initlabel
★こっちで
zerombr
clearpart --all

# インストールをテキストモードで実行。指定しない場合、グラフィカルモードになる
text

# firewallを有効に
firewall --enabled

# fistbootは無効に。https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Installation_Guide/ch-firstboot.html
firstboot --disable

# keybordタイプを指定。MacがUS配列なので、その通りに
keyboard us

# システム言語指定。英語で
lang en_US

# installオプションの指定
# -----------------------------------------------------------
# url指定の場合
## http
url --url=http://192.168.11.2/cblr/links/CentOS6.6-x86_64
## ftp
url --url=ftp://user:pass@host/dir
# ローカル光学ドライブから
cdrom
# ローカルHDD
harddrive --partition=hda1 --dir=/hoge/fuga
# 指定したNFSサーバ
nfs --server=nfsserver.hoge.com --dir=/hoge/fuga

# パッケージインストール用のソースとして使用できるyumリポジトリ。複数行可
repo --name=source-1 --baseurl=http://192.168.11.2/cobbler/ks_mirror/CentOS6.6

# ネットワークの設定
# --bootprotoはdhcp / bootp(dhcpと同じ扱い) / ibft / staticのいずれか
# eth0を起動時に有効にし、DHCPを使用する例
network --bootproto=dhcp --device=eth0 --onboot=on
# eth1を起動時に有効にし、固定IPを指定
network --bootproto=static --deice=eth1 --onboot=on --ip=192.168.11.15 --netmask=255.255.255.0 --gateway=192.168.11.2 --nameserver=192.168.11.2,8.8.8.8

# インストール後リブート
reboot

# rootのパスワード。$ openssl passwd -1で生成した値を指定
rootpw --iscrypted $1$ihF.N2JP$CDbqwuyTLzJ9NiiKSdzaE1

# SELinuxを無効に
selinux --disabled

# Xは設定しない(GUIは使わない)
skipx

# タイムゾーン指定。
timezone  Asia/Tokyo

# アップグレードではなく新規インストール
install

# パーティションを自動作成
autopart

# インストール処理前にroot権限で実行するコマンドを指定(〜%endまで)
%pre
# 標準出力、標準エラー出力を/tmp/ks-pre.logへリダイレクト
set -x -v
exec 1>/tmp/ks-pre.log 2>&1

# ログをコピー
while : ; do
    sleep 10
    if [ -d /mnt/sysimage/root ]; then
        cp /tmp/ks-pre.log /mnt/sysimage/root/
        logger "Copied %pre section log to system"
        break
    fi
done &

# プロファイル情報を取得
wget "http://192.168.11.2/cblr/svc/op/trig/mode/pre/profile/CentOS6.6-x86_64" -O /dev/null

%end

# インストールするパッケージの指定
%packages

puppet

%end


%post --nochroot
set -x -v
exec 1>/mnt/sysimage/root/ks-post-nochroot.log 2>&1

%end

# インストール処理後にroot権限で実行する処理
%post
# 標準出力、標準エラー出力を/tmp/ks-post.logへリダイレクト
# なので、インストール完了後リブートしたクライアントマシン上で何か問題があれば、これらを見る
set -x -v
exec 1>/root/ks-post.log 2>&1

# yumのリポジトリ情報を取得して保存
wget "http://192.168.11.2/cblr/svc/op/yum/profile/CentOS6.6-x86_64" --output-document=/etc/yum.repos.d/cobbler-config.repo

# Cobblerサーバの情報を書き込む
echo "export COBBLER_SERVER=192.168.11.2" > /etc/profile.d/cobbler.sh
echo "setenv COBBLER_SERVER 192.168.11.2" > /etc/profile.d/cobbler.csh

# 処理に使用したKickstartの内容を保存
wget "http://192.168.11.2/cblr/svc/op/ks/profile/CentOS6.6-x86_64" -O /root/cobbler.ks
wget "http://192.168.11.2/cblr/svc/op/trig/mode/post/profile/CentOS6.6-x86_64" -O /dev/null

%end

使い方

Cobblerを使う

$ cobbler profile add --name=なまえ --profile=CentOS6.6 --kickstart=使いたいKickstartファイル

手動でpxelinux.cfgにかく

label 1
  kernel RHEL6/vmlinuz
  append initrd=RHEL6/initrd.img ramdisk_size=10000 ks=使いたいKickstartファイル
``
広告を非表示にする