読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメニッキ

カメとインコと釣りの人です

ミスジドロガメとキボシイシガメの飼育環境についての紹介

目的

  • 誤った飼育方法であった場合、指摘をいただくため
  • これから水亀を飼育する方の何かの参考になれば、と思ったため

登場亀

ミスジドロガメ

名前:さといも

Wikipediaより引用

f:id:tapira:20150712095246j:plain

最大甲長13.8センチメートル[3]。オスよりもメスの方が大型になり、オスは最大甲長10.4センチメートル[3]。背甲はややドーム状に盛りあがり、上から見るとやや幅広い卵型[3]。第1椎甲板は第2縁甲板に接しない(第1縁甲板と第2縁甲板の継ぎ目<シーム>に接する個体もいる)[3]。第2-4椎甲板は平坦[3]。縁甲板は鋸状に尖らず、第10縁甲板が最も大型(高い)[3]。背甲の色彩は黄褐色や暗褐色、灰褐色、黒と変異が大きく、椎甲板と肋甲板に淡黄色、淡橙色、褐色の縦縞が入る[3]。背甲に入る縦縞が名前の由来になっている[1]。腋下甲板と鼠蹊甲板が接する[3]。腹甲はやや大型[3]。蝶番は発達するが、後葉がやや小型のため腹甲を折り曲げても背甲と後葉の間にやや隙間がある[3]。腹甲の色彩は黄色や暗黄色で、シーム周辺に暗色斑が入る個体もいる[3]。

さといもさんの特徴

  • 食い意地がはっている
  • 泳ぎが下手

キボシイシガメ

名前:きぼしさん

Wikipediaより引用

f:id:tapira:20150712095422j:plain

最大甲長14.3センチメートル[3]。カナダの個体群の方がやや大型化する[3]。オスよりもメスの方が大型になり、オスは最大甲長12.2センチメートル[3]。背甲は扁平[1][3]。背甲の甲板には筋状の盛りあがり(キール)がなく、成長環も不明瞭[1][3]。項甲板は背甲の最前部よりもごくわずかだが後方に位置する[3]。第1椎甲板は縦幅と横幅の長さはほぼ等しいか縦幅の方がわずかに長く、第2-5椎甲板は縦幅よりも横幅の方が長い[3]。縁甲板外縁は鋸状に尖らない[1][3]。背甲の色彩は黒や黒褐色で、甲板の一部が透明で骨甲板の表面の黄色い斑点が透けて見え(体に入る斑点も含めて)和名の由来になっている[3]。

きぼしさんの特徴

  • 目が瓶底眼鏡っぽい
  • 泳ぎが下手

飼育環境

f:id:tapira:20150712100024p:plain

上記構成の意図

水槽

60cmのものを使用。水槽+ろ過器+シェルターセットで数千円

バスキングライトの必要性について

ドロガメもキボシイシガメも、あまり陸地を必要としないタイプだと言われている。 実際、うちの亀もまったくあがってこない。 そのため、つい先日まではとりあえずの紫外線ランプだけ置いていた。 しかし、福岡の爬虫類専門店|Life Force【ライフフォース】の教えに従うと「あったほうがよい」とのことだったため、とりあえず余ってたものを設置。 するとこれまで一度も陸地にあがってこなかった亀さんたちがひなたぼっこしてる! →結果、あったほうがいいのでは説

紫外線ライトの配置について

単に、それぞれスポットおくより、こっちのほうが電気代が安上がりなので・・・

流木

完全に私の趣味でおいているだけ。呼吸のときつかまり立ちするのに使ってもらってる

どこでも売ってるいわゆるカメのエサ。とても臭い。靴の中に落としているのに気づかず悪臭が移った

水換え

常にスポイトでゴミは吸いつつ、週1〜2回

カルキ抜き

一度もやったことない。亀にはいらんのでは?メダカと鯉の水槽もそのまんま水道水

おまけ

臭いから寝室用に買っていた空気清浄機を、水槽近くに移動した。

使用している用品の詳細について知りたい場合や、これはやめたほうがいい!といったことがあれば、教えてください!!!